コメント返信からの昔話。私が臼魔道士になった理由

コメントいろいろ返そうと思ったら長くなったので記事にしてみる。

>> 鯵氏
 最近主催するのしんどいなって思ったタイミングでちょうど都合よくよくみかける主催さんが叫んでおられたり・・・スカームぐらいだとそこまでイライラしなかったりなんですが、初期のメナスやベガリーみたいなアラ組むことが多いところにいくとやっぱし白やるにしても本気で行ったりするわけで、たまに勉強がてらの二垢単騎で白以外のジョブで参加するとなると、普段自分が白だと当たり前だと思うことがないことがあったりで・・・やっぱし主催したほうがいいですね^^; やってみないとわからないことですがフルアラ単位の応募テルを捌きつつ面接するのはやっぱし大変です。

>>元白魔道士氏
そこまで楽観的になれれば私も楽なんですがねぇ^^;
私もログインしている時間はそれなりには長いのかなとは思いますが、実際野良ツアーにいけたりというのはそんなにないです。中の人の後方ヘイト管理^^; など、ちょっと野良ツアーに参加するだけでも実はそんなに気軽でもなかったりします。
嫁にお伺いを立ててから行ってたりすることのほうが多いのです。

特にここ最近のベガリーの場合、『装備強化解禁フラグ』という絶対にほしい代物があるわけで、そういったクリアしているのとしていないのとではちょっと事情が変わってくるようなものに関しては、可能な限り対策を立てるなりできる限り万全を期しておきたい主義なので、特にカリカリするんですね。時間とフラグはタダではないので、得るものがないと困るわけなのです。まぁ万事尽くして残念な結果に終わったとしても、そこで得られる反省が有意義であればそれはしょうがないと思うのです。ただ次にその反省を活かそうというときに、そこでつまづくのか;;ということはなるだけ避けたいわけであります。ただでさえ貴重な野良ツアーのひとときを、反省がまったく活かされていない形では無駄にしたくはないのです。

>>タルタル氏
 まぁ辛辣な意見を辛口で書いているのは重々承知しております。
 昔話になりますが、私も初期の数ヶ月はネカフェオンリーでのスタートでした。お金と時間がものすごく限られた中で、今日はどこまでやろうか、どこまでやれるかなどとわくわくしながらなのは今でも変わりませんが、初期のほうがそういう気持ちは強かったかもしれません。
 ちなみに一番最初にログインしたときのジョブは実は黒魔道士、だったりします^^; アトルガン中期のナイズル島100層のフラグが突入者しか記録されなかった頃の時代になります。初期の頃より緩和されていたとはいえそれでも進行が厳しかったプロマシアミッション、プロミヴォン突破して初めてルフェーゼ野に足を踏み入れたとき実は黒魔道士だったりします。移動手段が今よりも乏しくデジョンが今よりも神魔法であった頃、デジョン目当てで黒魔道士にしたわけですが、サポで白魔道士をあげはじめて、テレポの便利さやいわゆる脳筋ジョブは装備依存の部分が強くかつその装備取得には非常にハードルが高く、そんなところで自分が勝負しても茨の道だしそんなところよりも誘われやすい後衛寄りの魔道士で頑張ろう、と。まぁ最初はMPなんぞ雀の涙ほどでMP回復手段もとぼしく、ある程度は肉弾戦が必要ということを認識して、多少肉弾戦もできなくはない白魔道士を頑張ろう、という結論に至ったのがアルタナディスク出たかどうかの頃です。ちなみに赤魔道士をやらなかったのは当時の師匠が赤魔道士が嫌いだったため。赤をメインにすると75限界突破のマートで詰む、とも言われた。

 そこから先はひたすら白一筋に頑張りましたよ。装備依存の部分が少なく、ヒーリングの長さのタイミングや状態異常回復、ケアルの量の調節などいろいろ教わりながら鍛えましたよ。今はみかけなくなってひさしいレベル上げパーティも結構な頻度で外人パーティにも混じり、ひどい目にも合わされまくりましたよ。いわゆる脳筋ジョブがハードルが高いジョブから嫌いなジョブになったのも、このレベル75までひたすらレベル上げに勤しんでいた時期からでしたかね。白ソロで獣神印象のサソリBFソロでクリアされた方だとか、既にその当時の時点でミョルニル持ってた廃人の臼魔道士(のちのフレ等)などを目標に、白でも頑張れば強くなれると信じてひたすらに研鑽してきたわけであります。
 ユニクロ装備ながらの臼魔道士としてある程度身を固めたレベル75時代の末期か75時代終焉の頃に、いつまでかかるかわからないもののミョルニルつくってみよう、そしてそれまでの出来事を後々見返せるようにブログに書き残しておこう、と。そういうわけでこのブログも始まったのであります。あのときから既に末期と言われたけども末期の割りによく5年弱もやってるなと思うときがしばしば^^;

実際私が過ごしてきたこの5,6年ぐらいか?白はほとんどの場所で必須に近いほどのジョブであり続けたと思います。白で参加できなかった参加が非常に厳しかったのは新ナイズルとヨルシアスカーム・アルビオンヨルシアぐらいだったでしょうか?それ以外はほぼパーティに入ることができ、しかも装備依存がそこまで厳しくなく昔はhimechan御用達ジョブなんていわれた事もあったようです。ただし、一部の人はお気づきのとおり、うまい白とそうでない白とでは道中の安定感などはまったくもって違うわけで、誰でもできなくはないけどもできる人がやれば全然違うジョブそこにしびれるあこがれるという具合で、このブログでもときどき苦言を呈していたのは古くから読んで頂いている方であれば周知のことかと思います。
別に最近に始まったことではないんですよね^^ 野良白のレベルが低い白やる気あるのかね^^;なんて思ったことは・・・アビセア初期~中期のAF3だとかぶっ壊れ性能のアートマ実装初期だとか、VW初期中期だとかそこらへんのフルアラの野良ツアーが盛んに行われていたころによくぼやいていたと思われます。

 ある程度やっていくうちに受身ではなく能動的にこれしたいとかあれこれなってくるわけで、レベラゲ・一部のクエ・ミッションなどなども自分で主催しだすことも多くなりました。待ってる時間がもったいないからですね^^; 主催するには少々の知識とそれなりのエネルギーが必要ですが、労力に見合った成長は得られるのかなと思います。いまであればジョブポ稼ぎだとかメナスだとかスカームだとか、なんでもいいので主催したことない人は一度主催してみるといいかと思います。応募が殺到するような野良ツアーが発生したときに、どういうテルをいれれば参加しやすいのかだとか、なんというか主催側の苦労というかほしい情報なんてのもお分かりいただけるかと思います。だいたい主催経験の多い方は、一定の水準が求められるようなツアーではtellの内容が簡潔かつ必要な情報がきちんと含まれていたりします。顔見知り程度になればあの人といえばあのジョブ、あとはあのジョブあったなwなんて風になってくるのでジョブだけしかいわないなんてこともありますが。そこはやはり主催経験したからこそわかる話で、初期三国天晶堂アビセアアドゥリンで一部のクエにはそれぞれ『名声』が必要だったりするように、『野良での名声』というものが発生するんじゃないかと思います。野良での名声が高ければ、野良ツアーに参加しやすくなるという具合ですかね。
 一定の水準が必要な野良ツアーで主催で必要なことといえば、どのジョブに血道を上げてきたか?ってことでしょうかね。自分のことをよく知っている人ならばジョブだけでいいでしょう。ただし相手が自分のことをあまり知らないんじゃないかと感じたときは、ちょっと細かく自己紹介してみるといいかもしれません。相手が中途半端の器用貧乏を好まない場合、ジョブだけ羅列されても一定の水準に満たないジョブでこられたらたまったものではないと相手が思うのは無理もないことか思います。最近では/checkparam で攻撃、命中がみれるようになったりしていますし、ときにはそういう自己分析も必要なんじゃないかと思います。


 実際問題、タルタル氏も7割8割の白の動きを否定されかねないと感じるということは、少しはそういうところを感じられているのではないかと思います。昔のような経験値稼ぎのパーティ等を通じて状態異常を把握したり、ケアル構えたり属性バ系でダメ軽減したりだとか状態異常レジスト狙ってみたりだとか、そういう勉強をする場所が減ってしまったのはたしかに大きいかとは思います。箱産ジョブwなんて言われたりして久しいですが、白に関しては特にそこらへん口うるさく言ってしまうのはたぶん変わらないんじゃないかと思います。ただし一定の水準が必要で本気で勝ちにきている、勝って終わるのが当たり前な空気が漂っている場所で一定の水準が足りていない状態で無謀にも挑むのは、いささかあれな気はします。



一度、メインキャラで白以外のジョブで色々と育成されてみてはいかがでしょうか。自分ができる事だけに固執せず、目線を変えることも大事だと思いますよ。




 白以外の視点という意味では、二垢単騎で別ジョブで参加するのがそれにあたりますかね。メインキャラは白に熱を上げすぎるあまり、他ジョブの装備を用意する鞄のゆとりがあまりないのです。個人的には、青魔道士はいずれやってはみたいなとは思っていたりします。FF11では一番好きなジョブといえば言うまでもなく白魔道士ですが、他作品含めた歴代でみた場合は実は青魔道士だったりします。とはいえ青をやりだそうものなら、それこそ本当に極めにかかり始めるわけで、そうなるともう鞄も時間も何もかもが足りないw 青に手をつけるのは本当の意味で白を極めたと実感した後の余生でしょう。ちなみにまだ白は極めたとは思っておりませんし、まだまだ修行が足りないと感じております。実際ヤグルシュもなしに白を極めたなんてことはまず言えないですし^^;

 いろいろあげたいのはやまやまなんですが、『やるからには中途半端にやるのはみっともない』と感じてしまう性分なので、かりにコツコツあげていたとしても野良に出てくるのは本当に時間のかかることだと思います。まぁ二垢のほうはある程度妥協してもいいのかなと思いつつも、メインのほうでは自身がそれを許さないでしょう。あとは、メイン白だけに他のうまい白魔道士の方に会うと感動するといいますか、自分もこういう風にやろうなんて思ったりもします。まぁ実際は、『自分が白できてたらこうしてたのに><どうしてそうなる』と感じることのほうが多いのですが^^;



『一つのところに命をかける』『好きなものにはとことんこだわる』タイプはおそらく茨の道だと思います。しかしながら、その苦労も含めてそこに邁進するその日常こそが、日々成長を促したり楽しいと感じるところだと思うのです。

おっと、話が過ぎてしまったようなので今回はここらへんで。

最後に、先日のREPをコメントくださった方へ
貴重なデータをありがとうございます。白やってると多少ログをきらないといけないところもありまして、大変参考になりました。またご一緒させていただいた際には是非ともお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

時々伺っています。
普段は白を出す機会があまり無いので、こちらを読んでなるほどなぁと思ったりしていました。

私も主催をするので、おっしゃりたいことは良くわかります。
今回は今までの上位コンテンツと違って、エンピ装備の強化という全員が行きたいと思うコンテンツだから、きちんとした準備や段取りが出来ない人も参加されるのでしょうね。
(そのジョブが本職でない方も、ジョブ縛りがあるので参加されている気がします)
毎回100%の出来ではなくても、少しでも積極的に動こうとされる人の方が矢張りまたお誘いしたいなぁと思います。

ここはselgainusさんのブログなのですから、思った事を書いて良いのでは?とも思いました。
これからも、色々と拝見したいです。
個人的には到底無理そうですが、白/踊装備等見ていてワクワクします。

No title

こんにちは。コメント拝見させて頂きました。
家族からの理解を得るのはなかなか大変ですからね・・・。
私もお金がかかる趣味を持っているので家族からよく文句いわれますw


FF11は今に限らず昔からそういうフラグ開放ゲームでしたからね~

>時間とフラグはタダではないので、得るものがないと困るわけなのです。

むしろ私は逆でした。ゲームしてる事自体が趣味の時間(時間の無駄)と割り切っていたので
あまり人に対してゲーム内でプレイヤースキルどうこうとは思いませんでした。
このあたりはもう個人差 上手い人もいれば、下手な人もいる ぐらいの考えでしたので、
私自身ももちろん出来る限り下調べはして主催したりはしていましたが
・他人に対して不快な発言、難癖をつけたりしない
・人と人となので最低限のマナーは守る
これさえ守って貰えればOKな感じでした。
人は減ってもコンテンツは逃げるわけじゃないですからねw

ただ、先ほどの理想を並べられちゃうと
「上手い人以外は来るな。100%の動きが出来る奴だけ来い」と
誤解されかねないような内容でしたので、例え思ったとしてももうちょっと控えたほうがいいかなと思いました。

長々と申し訳ございませんでした。良いヴァナライフを!

友達少なそうw
誰もが最初から完璧じゃないだろうに
余裕なさすぎ
MMO向いてないのでは?

Re: タイトルなし

> 友達少なそうw
> 誰もが最初から完璧じゃないだろうに
> 余裕なさすぎ
> MMO向いてないのでは?

はい、こういう性格なので友達少ないですが何か^^
そりゃもちろん最初から完璧ではないでしょうし、実際私もそうでした。ただ、できる限りのことはやろうと頑張ってきました。『できないです』じゃなくて『できるようになるにはどうすればいいですか?こうですか?こうしてみよう』というスタンスなので。

『こだわるところはとことんこだわる』タイプ、好きなものだからこそ一生懸命やる。
なので『こだわり』をもって主催するときは当然スペックにはこだわります。適当なツアー主催するようなときはそんなにこだわってませんし、ブログに書き残しておくことでもないのかな、と。そこでおもしろければ書き残しておくでしょうけど。

野良でなにかできるっていう意味では個人的に性にあっていると思っています。
FFやる前は突発オフなんかもいってましたからねぇ^^
MMO向いているかどうかは別として、少なくとも性にはあっているのかなとw
プロフィール

selgainus

Author:selgainus


2012/05/19 ミョルニル75完成
2012/05/31 ミョルニル95完成
2012/10/ 5 サーペントの伝説取得
2012/10/26 剣の枝  1/30
2012/10/26 五色の糸 1/174
2012/10/29 恵比寿釣竿取得
2012/11/30 泳がせ釣り取得
2012/12/10 ミョルニル99完成
2013/02/25 釣りギルド高級職人認可
2014/01/06 ミョルニルIL119完成
2014/04/04 守りの指輪取得(HQ肉1/8)
2014/05/24 ギャッラルホルン75完成(二垢分)
2014/05/27 ギャッラルホルン99完成
2014/05/27 守りの指輪取得(HQ肉1/8、二垢分)
2015/06/27 真恵比寿釣竿取得
2016/05/20 ミョルニルIL119グロウ付完成
2016/09/21 ヤグルシュ取得クエ終了
2016/11/20 イドリス完成
2016/12/11 ヤグルシュIL119グロウ付完成


2011/10月末ぐらいからカウンターがおかしくなっていたみたいなので再度設置。




白魔道士各種着替え

白/学(ヒーラーマスター)ケアル装備兼待機装備
2016/05/11


白魔道士魔法命中装備
2017/2/28



白魔道士(サポ踊)近接攻撃、命中装備
2017/1/20



ファストキャスト装備・強化魔法スキル装備
2015/5/9


近接攻撃・物理命中・カット装備
2014/10/15


弱体魔法スキル・魔法命中装備
2015/5/30


魔法攻撃装備
2015/4/13



白魔道士(サポ踊)物理防御、魔防・魔回避装備
2015/3/18




青魔道士各種着替え

青魔導士装備セット一覧
2016/10/22


ホワイトウィンド装備、単体回復系青魔法装備
2016/01/08


二刀流近接物理攻撃&マイティガード時近接物理
2016/10/18


一刀流通常攻撃装備
2016/2/29


追加効果目的物理系青魔法装備
2016/3/18


魔法命中装備
2016/10/17




コルセア各種着替え

標準待機装備・ファストキャスト装備・ダメージカット装備
2016/10/9


射撃前・着弾装備
2016/10/09


風水士各種着替え

風水士魔攻装備、ファストキャスト装備、物理魔法カット装備等
2015/4/16


風水士魔法命中装備
2017/3/1



吟遊詩人各種着替え

詩人歌の詠唱時間短縮装備、敵歌装備、ファストキャスト装備
2015/4/21



相互リンク大歓迎!





FINAL FANTASY XI(FF11) ブログランキングへ

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR